初詣 京都七福神めぐり 1/3 前編

 私、孔明、先日(2月1日)、両親と共に初詣に行ってきました。それにしても、ずいぶん遅い初詣ですね・・・・・・ 実は私、孔明、正月は「こみっく☆トレジャー23」合わせの新刊制作で修羅場モードでして、「こみっく☆トレジャー23」が終わった先週末も真っ白な灰になって燃え尽きていましたので、こんなに遅い初詣になってしまったのです。

Dscn1190 さて、どの神社に新年のお参りに行きましょうか・・・・・・ という段になって、父が「待った」をかけました。実は昨年、父方の親族に不幸があったのです。世間では、「身内に不幸があってから1年間は、神社に参拝できない」と言われています。となると、初詣はお寺ということになります。そこで、私、孔明が、幸多そうなお寺の初詣ということで調べ当てたのが、「京都七福神めぐり」です。京都には他に「都七福神めぐり」、「京の七福神めぐり」という七福神めぐりもあり、特に1月には定期観光バスも出る「都七福神めぐり」がメジャーなのですが、七福神めぐりは「都七福神めぐり」、「京の七福神めぐり」も含めて、恵比寿神がいわゆる「戎神社」であることが多いのです。そんな中、この「京都七福神めぐり」は、7つの神様すべてがお寺で構成されている七福神めぐりなのです。また、「京都七福神めぐり」は、佐藤達玄さん、金子和弘さん共著の「七福神」という本で「創設年代不詳なるも日本最古といわれ、七福神めぐりはここより江戸や各地へ伝播された発祥霊場である」と紹介された由緒ある七福神めぐりであることと、お寺が鷹峯の1寺と松ヶ崎の1寺以外は京都市街の徒歩圏に集まっていて1日でめぐりやすいことも、私達の背中を押してくれました。

1.遣迎院(福禄寿)

Dscn1113

Dscn1116
 七福神巡りに特に順番は決まっていないそうなのですが、私達、バスが2系統しかなく本数も限られる鷹峯の遣迎院から「京都七福神めぐり」をスタートすることにしました。鷹峯源光庵前のバス停を降りると、朝の京都北山らしい厳しい寒さが私達をブルッと震え上がらせます。バス停から西へ歩いてすぐ、「悟りの窓、迷いの窓」で有名な鷹峯源光庵の向かいに、白黒の土塀を構えた遣迎院がありました。遣迎院は事情があるのか、現在は一般参拝は受け付けていませんし、ご朱印の記帳も行っていませんので、私達、遣迎院の門前で深々と一礼し、もと来たバス停に戻って次を目指すことにします。

2.妙円寺(以下、通称の「松ヶ崎大黒天」)(大黒天)

Dscn1122

Dscn1120
 鷹峯から市バスを2本乗り継いで、2番目のお寺、松ヶ崎大黒天へ向かいます。バス停から降りて北山通を少し東へ進むと「開運招福 大黒天」の看板があるので、それを目印に北の路地へ入って坂道と階段を上がると、茂みの中に静かに、しかし堂々と、松ヶ崎大黒天の本堂が建っています。まずは本堂にお参りし、次に本堂の前にある、体の悪い所をなでるとご利益があるという「なで大黒」様の像をなでさすります。そしていよいよ、七福神めぐりのメインイベントであるご朱印を頂きに、寺務所へ向かいます。
 私達、ご朱印を頂くのは初めてなのでドキドキしていたのですが、ご朱印を頂くには、お寺の方にご朱印を頂きたい旨を告げてご朱印帳を開くと、お寺の方がまず朱の印を押し、続いて達筆でサラサラと朱印帳に記帳してくださいます。最後にお寺の方がご朱印帳の他のページに朱肉や墨が写らないように紙を挟んで下さるので、ご朱印帳を受け取り、ご朱印料を納めます。ご朱印を頂くのは、それほど緊張するものでもないのですね。私達、初めて頂いたご朱印に感動しながら、お寺を後にしました。

昼食 京都大学でフレンチを 

Dscn1136 
 私達は、叡山電車の修学院駅まで10分ほど東へ歩いて、電車で京都市街へ出ます。ここで、ちょっと早いけど、ランチタイムにしたいと思います。ランチを頂くのは、天下の京都大学。この京都大学のシンボルの時計台の1階に、一般者でも利用できるフランス料理店「ラ・トゥール」があるのです。店内は大学のキャンパスの中とは思えない位に落ち着いたゆったりとした空間です。
 ランチコースは1,575円、2,625円、3,675円の3つのコースがあって、私達が頂いたのは1,575円のコースです。前菜またはスープ、パン、メインディッシュ(肉または魚)、小さなデザート、コーヒーまたは紅茶から成るコースです。

Img_0256_2

Img_0258_2
 写真左:本日のお肉 仔羊肩肉のトマト煮込み 白インゲン豆のラグー添え
 写真右:本日のお魚 長崎県産の鱈のポワレ 香味風味のバターソース

 「本日のお肉」は、濃厚でコクのあるトマトソースの中でお肉が繊維に沿ってホロホロとほぐれていくような柔らかさ。「本日のお魚」は、オイリーながらもさっぱりとした味付けの中でお魚の身がプリプリとした弾力。どちらも手の込んだ甲乙つけがたい至福の一品でした。この京都大学のフランス料理店、大変な人気のようで、11時台からすでに入店待ちの行列ができていました。訪問するときは、事前に予約しておくほうが良さそうです。
●レストラン ラ・トゥール
 京都市左京区吉田本町 京都大学時計台記念館西側
 ランチタイム  11:00~14:30(L.O.)
 ディナータイム 17:00~21:00(L.O.)
 電話番号 075-753-7623




"初詣 京都七福神めぐり 1/3 前編"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: